原付をボアアップして80ccのバイクに

原付バイクは、50cc。ペーパー試験だけで乗れるのはとってもいいのだが、制限速度が30kmしかだせない。

原付免許しか持っていなければ、なにも悩まなくていいのだろうが小型や中型などの原付以上の免許をもっていると制限速度でおまわりさんのお世話になるのは、いったいどうなのか、、、。
ちょっと、考えてしまう事もある。

原付バイクに付き物の2段階右折も、ちょっとめんどくさくてやりたくない!と思う。

そんな時は、50ccのボアアップ版モデルの80ccのバイクがいいのではないだろうか。

80年代人気を博した、空冷2スト単気筒エンジンを搭載したカワサキAR50。AR50で、7.2PSのメーカー自主規制値をマークしている。これが、AR80だと10PSなのでかなり速くなっていることは間違いない。

高速道路は走れないが、タンデムシートが標準装備なので2人乗りもOK。

これは、俺の考えだが意外と80ccって使い勝手がいいのではないだろうか。

税金も維持費も保険も安いし、、。 Continue reading “原付をボアアップして80ccのバイクに”

リターンライダーに気を付けろ

最近よく聞くリターンライダーという言葉、若い時のオートバイ乗っていた方がお金にも時間にも少しずつ余裕が出始め、テレビや雑誌などの影響からかいきなりオートバイにまた乗り始めるといった方たちのことをそう呼ぶらしいですが、実はその傾向が交通事故の増加につながっているようです。
特に50代以上の方のリターンライダーの事故率は高く、自坊事故に至ることも多いらしいです。
たしかにこれくらいの年齢となると10代や20代の時とは明らかに体の反応が変わってきます。
目も悪くなり、視野も狭くなる、動体視力も落ちって、バランス感覚も悪くなる、そして何よりも目から耳から体から入ってきた「危険」という信号を脳が理解するまでの非常に時間が掛かってしまうのは致命的です。 Continue reading “リターンライダーに気を付けろ”

スズキのモトクロッサー、RM-Z250

二輪車といえば自動車に比べて電子制御化がまだまだ遅れているものですが、逆にそれが来る楽しみにつながることになるのでそれはそれでメリットとして働きますが、最近はどんどん電子制御化が煤で来ており、モータースポーツの世界ですでに当然のものとなってきているようです。
その一つがスズキのモトクロッサーであるRM-Z250、このモデルはモトクロス競技用に市販されている競技車両なのですが、スズキのファクトリーマシンで使われていたものがフィードバックされて付けられています。 Continue reading “スズキのモトクロッサー、RM-Z250”