アメ車を車検に出すか売るか

日本において車に乗るには車検という大きな関門をクリアしなければなりません。

 

車検はその車が安全に公道を走ることができるかどうかをチェックするもので、

重要な部分に故障を抱えていたり、

保安基準を満たしていない違法改造などを発見する機能を持っています。

 

安心して車を運転するには必要なことだとは思いますが、

これからこの車を売ろうと考えている方にとっては

この車検というのが更に大きな関門となります。

 

何故なら車検にかかる費用が膨大なものだからです。

 

車検自体は検査手数料として1800円程度のお金があれば

受けることができますのでそれほど負担はないでしょう。

 

しかし、実際には車検の時に同時に支払わなければならない

自動車重量税や自賠責保険、保安基準に適合していない場合は

それに伴う整備費用などが掛かってくるのでかなりの大金が必要になるのです。

 

例えば、3.6リッターエンジン搭載のシボレー・カマロLT RSを車検に出したとします。

 

それにかかる費用はまずは検査費用として1800円、

自動車重量税に40000円、

自賠責保険に24950円と

合計66750円ほどかかってしまいます。

 

しかもこの金額が最低金額で実際には故障が多いので

その修理費用とか消耗品の費用などが掛かり、

一般的には15万円以上は覚悟しなければならないのです。

 

買取店などでは車検が切れている車より

車検がまだ残っている車の方が高く買い取ります。

 

それに合わせるためにわざわざ車検を通して、

査定額を高くしようという方もいますが、

車検ありの車と車検なしの車との査定額の差は

実際に車検を通してかかった金額よりはるかに低いものとなるのが通例です。

 

車検ありの査定額が200万円、車検なしの査定額が195万円という中で

わざわざ15万円以上のお金を払って車検を受ける必要があるのでしょうか。

 

年式が古いアメ車において、稀に

車検の有無によって車検にかかった費用より大きな差額が出ることもありますので、

車検を受ける前に査定に出して、その金額と車検にかかる費用を見比べて

どっちがトータルで高くなるのかを考えた方がいいでしょう。

アメ車買取専門店を見つける方法

基本的に価値が低いとみられているアメリカ車。

買取店などに持ち込んで査定をしてもらっても満足のいく金額になることはほとんどないでしょう。

 

しかし、そういった中で誰しもができるだけ高く売りたいと思いますよね。

 

自動車というものはかなり趣向性の高いものです。

 

国産車がいいという方もいればアメ車がいいという方もいる、

4ドアセダンがいいという方もいればSUVがいいという方もいる、

こういった中でアメ車を高く売るにはそういった趣向性を持ち

アメ車に造詣が深いアメ車を専門とする買取店で売るのが一番高く売れるのです。

 

さて、その雨医者買取専門店なるお店はどこにあるのでしょう?

 

車でどこかに出かけたときに見たような気がする程度の記憶しかないのでは

なかなか売る場所を見つけることができません。

 

そこで活用したいのがインターネットの一括査定サイトです。

 

今ではスマートフォンの普及によって

パソコンを持っていない方でもインターネット上のWebサイトを訪れることができるようになり、

それに合わせて店舗側も宣伝を兼ねてWebサイトを公開するようになっているのです。

 

うれしいのは、そういったアメ車買取専門店のWebサイトには

オンライン査定なるものが用意されていること。

 

正確な査定額ではありませんが、

車のデータを入力すれば暫定的な査定額を知ることができるのです。

 

もしそこでいい金額になったら

実際に店舗に持ち込んで本査定をしてもらえばいいのです。

 

もしかしたらこの方法が

一番簡単に一番高くアメ車を売ることができる方法なのかもしれません。

アメ車の買取相場

アメリカの車は間違いなく輸入車で、輸入車であればそれなりに高い金額で売られているということになりますが、

その金額がすなわちその車の価値と思ってはいけません。

 

この傾向はどの国の車においても入れることなのですが、

アメ車に関しては特に

新車販売価格と売りに出した時の価値に大きな開きができるのです。

 

どうしてアメ車の価値が低いのか、

それは国産車やヨーロッパの一般的な車と正反対の作りをしているからです。

 

更にその方向性が現在の日本の自動車界とも全く合わないからです。

 

アメリカ車といえば取り回しの悪い大きなボディに

燃費の悪い大排気量エンジン、

すぐに壊れるし、税金も高いという傾向が強い車です。

 

最近では少しずつボディもエンジンも小型化されつつありますが

まだまだそれは諸外国の車には追い付いていません。

 

一方、日本では小さなボディにハイブリッドモデルや

低燃費モデルなどの取り回しが良く燃費もいい、

排気量が小さいので自動車税も安いといった車が主流なのです。

 

こういった車がはびこっている中で

すべてにおいて全く逆のアメ車が売れる訳がありません。

 

一部にはマニア的な方もいますがそれはかなりの少数派で

日本での自動車界に大きな影響を与えるまでの力はありません。

 

そうなると新車でも中古車でも需要は少なく、

中古車市場ではかなり安くしないと売れないのです。

 

販売価格を安くするのに買取金額を高くすることはありませんので、

自然とアメ車全体の価値が低くなり

買取金額相場というものもかなり安くなってしまうのです。

 

アメ車は輸入車だから売る時も高く売れる・・・そういった時代はもう昔の話です。

アメ車のディーラー下取りはお得?

アメリカの車に限らず、ディーラーでの下取りはあまりいい金額にはならないといわれています。

これは、下取りと買取店などでの買取とでは流通の仕方やその後の売り方などが違うからなのですが、アメリカ車はどうなのでしょう。

 

基本的には国産車でもアメ車でもヨーロッパの車でも下取りの流れは同じです。

 

新車購入時に今乗っている車を引き取ってあげるというスタンス、

下取り金額の決め方がその車の状態よりもデータにこだわること、

下取りした車を限定したところでしか売らないということ、

これらのことはアメリカの車でも同じです。

 

では国産車と同じような価値観になるのかといえば、そうではありません。

 

下取りした車でも最終的には中古車として、(ほとんどの場合、正規ディーラーの任的中古車として)

販売することになるのですが、

やはり国産車やヨーロッパの車と比べると圧倒的に需要が低く、

それを踏まえたうえで決められているディーラーの下取り価格表なるものも低い数値になっているのです。

 

こうなってしまってはいくらきれいに磨いたとしても価値を上げることができないのです。

 

これはアメ車の下取りの現実です。

 

一方、下取りと比較されることが多い買取店などでの買取では、

ディーラーのように基本となるデータを使って買取金額を決めてはいますが、

それよりも現在の状態、例えばボディの傷の有無や装備の充実度、

インテリアの汚れなどを重視して金額を決めますので、

オーナーの努力次第である程度は金額を上げることができるのです。

 

しかし、買取店であれば何でも高くなるというものではなく、

やはりその時代の流行というものも考えなければいけません。

 

今でしたら、キャデラックCTSの様な4ドアセダンより、

フォード・エクスプローラーの様なクロスオーバーSUVや

シボレー・ソニックの様なコンパクトハッチバックモデルの方が

高い金額で買い取られる傾向が強くなっています。

 

車種によっては、一般の買取店ではなく、

中古車販売も行っているアメ車専門の中古車販売店で

売却した方がいいこともあります。

 

アメ車を売るにはいろいろな方法がありますが、ディーラーでの下取りが低い金額になることだけは間違いないでしょう。