スズキのモトクロッサー、RM-Z250

二輪車といえば自動車に比べて電子制御化がまだまだ遅れているものですが、逆にそれが来る楽しみにつながることになるのでそれはそれでメリットとして働きますが、最近はどんどん電子制御化が煤で来ており、モータースポーツの世界ですでに当然のものとなってきているようです。
その一つがスズキのモトクロッサーであるRM-Z250、このモデルはモトクロス競技用に市販されている競技車両なのですが、スズキのファクトリーマシンで使われていたものがフィードバックされて付けられています。

その機能がS-HACというもの、スズキ ホールショット アシスト コントロールの略なのですが、これはいわゆる競技用のトラクションコントロールといっていいものでスタート時に最高のトラクションを発生させるために状況にあわせて点火タイミングを変化させるものです。
ですので、自動車にあるようなホイールスピンを完全に防止するというトラクションコントロールではなく、オフロードならではの適度なホイールスピンを生み出しながら最大のトラクションを生むことができるような仕組みになっています。
それまではロケットスタートを決めるためにそれなりの技術が必要だったのものがこの機能がついたことでキャリアが短い新米ライダーでもロケットスタートが可能になったということになります。
バイク 売りたい

You Might Also Like