アメ車を車検に出すか売るか

日本において車に乗るには車検という大きな関門をクリアしなければなりません。

 

車検はその車が安全に公道を走ることができるかどうかをチェックするもので、

重要な部分に故障を抱えていたり、

保安基準を満たしていない違法改造などを発見する機能を持っています。

 

安心して車を運転するには必要なことだとは思いますが、

これからこの車を売ろうと考えている方にとっては

この車検というのが更に大きな関門となります。

 

何故なら車検にかかる費用が膨大なものだからです。

 

車検自体は検査手数料として1800円程度のお金があれば

受けることができますのでそれほど負担はないでしょう。

 

しかし、実際には車検の時に同時に支払わなければならない

自動車重量税や自賠責保険、保安基準に適合していない場合は

それに伴う整備費用などが掛かってくるのでかなりの大金が必要になるのです。

 

例えば、3.6リッターエンジン搭載のシボレー・カマロLT RSを車検に出したとします。

 

それにかかる費用はまずは検査費用として1800円、

自動車重量税に40000円、

自賠責保険に24950円と

合計66750円ほどかかってしまいます。

 

しかもこの金額が最低金額で実際には故障が多いので

その修理費用とか消耗品の費用などが掛かり、

一般的には15万円以上は覚悟しなければならないのです。

 

買取店などでは車検が切れている車より

車検がまだ残っている車の方が高く買い取ります。

 

それに合わせるためにわざわざ車検を通して、

査定額を高くしようという方もいますが、

車検ありの車と車検なしの車との査定額の差は

実際に車検を通してかかった金額よりはるかに低いものとなるのが通例です。

 

車検ありの査定額が200万円、車検なしの査定額が195万円という中で

わざわざ15万円以上のお金を払って車検を受ける必要があるのでしょうか。

 

年式が古いアメ車において、稀に

車検の有無によって車検にかかった費用より大きな差額が出ることもありますので、

車検を受ける前に査定に出して、その金額と車検にかかる費用を見比べて

どっちがトータルで高くなるのかを考えた方がいいでしょう。

You Might Also Like