フォードの買取

フォードは日本においてもなじみ深い企業で

古くからマスタングやサンダーバード、ブロンコなど販売しており、

現在でもマスタングやエクスプローラーなどを正規輸入している

名の知れた自動車メーカーです。

 

日本でもフォードの車に乗る方が結構いるようですが、

ここ最近は傾向が大きく変わってきました。

 

それはフォードの経営体制によるものです。

 

フォードでは純粋なアメリカ車といっていい車の他のヨーロッパに拠点を置き、

そこで本国アメリカで作っている車とは全く違う

アメ車らしくないどちらかというとヨーロッパ車らしい車を生産しています。

 

現在日本で主流となっているのは

そちらのヨーロッパ生産の車であって、

正規輸入代理店でもフィエスタやフォーカスを販売しています。

 

もちろんマスタングやエクスプローラーなど

純粋なアメリカ車も売ってはいますが需要は少なく、

ほとんどの方がフィエスタやフォーカスなどを買っていくのです。

 

この傾向は最近の中古車市場においても同様で、

昔ながらのバリバリのアメ車であるマスタングやエクスプローラーの需要は少なく、

フォードといえばみなヨーロッパで作られた、

フィエスタやフォーカス、クーガ、エコスポーツなどを購入していくようなのです。

 

これだけ需要にはっきりとした違いがあるので

買取店でもそれに従った買取金額を付けます。

 

単純にいえばアメリカ産のフォードは安め、

ヨーロッパ産のフォードは幾分高くなるといった状況といえます。

You Might Also Like